不動産仲介とはどんな仕事なの?

query_builder 2022/09/08
コラム
26

不動産の売買につきものの不動産仲介業者。
でも「不動産仲介がどのような仕事なのか、よくわからない」という方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産仲介の仕事内容をご紹介しましょう。

▼不動産仲介の仕事内容
不動産仲介とは、不動産を売りたい人・買いたい人・貸したい人・借りたい人の橋渡しをする役目を持ちます。
不動産のやりとりをする際、さまざまな手続きや契約が必要となりますが、これらを一般の方がすべて行うのは難しいものです。
そこで不動産仲介業者が間に入り、煩雑な手続きのサポートを行います。
また売り手や貸し手にかわり、物件の紹介・立ち会い・集客なども行ってくれます。

▼不動産仲介のビジネスの仕組み
先ほども触れたように不動産仲介業は、売りたい方や買いたい方に変わり、専門知識の必要な煩雑な手続きをサポートします。
このサポートに対して支払うのが、仲介手数料です。
特に売買物件の場合、契約などの手続きが複雑なので、仲介業者に入ってもらう方が安心です。

▼不動産仲介業者に必要な資格
不動産仲介業者には、「宅地建物取引業」の免許とともに「宅地建物取引士」の資格が必要です。
このことからもわかるように、不動産仲介業は不動産に関するスペシャリストです。
こうしたスペシャリストに仲介してもらうことで、不動産に関わるトラブルを未然に防ぐことができます。

▼まとめ
不動産仲介は、手続きや契約のサポートをしてくれます。
このサポートに対して支払うのが仲介手数料です。
一般の方がこうした手続きを自力で行うのはなかなか難しいので、不動産売買には不動産仲介を利用するのが一般的です。
株式会社LANDIAでは、購入する方の仲介手数料は無料となっております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 物件の引き渡し当日の流れについて

    query_builder 2023/12/01
  • 物件の引き渡しは「大安」に行うべき?

    query_builder 2023/11/15
  • 不動産売買契約書の保管期間について

    query_builder 2023/10/19
  • 不動産売買契約書を確認する際の注意点

    query_builder 2023/09/15
  • 不動産売買の流れについて

    query_builder 2023/08/01

CATEGORY

ARCHIVE