訪問査定でチェックされるポイントについて解説

query_builder 2024/04/03
コラム
48

不動産を売却する際、高い金額で売りたいものですが、相場価格より高い物件は買い手探しに難航する場合があります。
しかし物件状態や立地によっては、高い金額でもすぐに売れる場合があります。
その査定額に差が出る物件には、どのようなポイントがあるかご存じでしょうか。
今回の記事では、訪問査定でチェックされるポイントに関して解説します。

▼訪問査定でチェックされるポイント
■立地
不動産査定でチェックされるポイントとして最初に挙げられるのはその物件の立地です。
閑静な住宅地であることはもちろん、駅やバス停・スーパー・市役所といった、生活に必要な周辺施設へのアクセスが注目されます。
また、日当たりや風通しの良さも大事なポイントです。
風通しの悪い不動産では、湿気やカビが繁殖しやすく、不衛生な印象を与えてしまいます。

■築年数
築年数自体はどうにもできませんが、リフォーム・定期的なメンテナンスを行っていることなどはないでしょうか?
このような住宅価値を上げるために、プラスに働く実績があればしっかりと伝えましょう。

■間取り
生活しやすい間取りであるかという部分もチェックされるポイントです。
特に生活動線が整っている間取りは、いつの時代にも好まれます。
部屋数によって評価が上がるということはありませんが、合理性を求めて設計された間取りの物件は高い評価を期待できます。

■建物の劣化
雨漏りやシロアリの被害で床が傾いている建物は、かなりのマイナス評価となります。
具合によっては中古物件として売却できず、解体して土地売にした方が良いケースもあるので注意が必要です。
日頃の点検や修理で、劣化を軽減させましょう。

▼まとめ
訪問査定でチェックされるポイントは立地・築年数・間取り・建物の劣化具合です。
家の査定は土地の形状や近隣の状況からなる「外的要件」と築年数や建物の劣化など「住宅そのものの状態」を相対的に判断します。
これらの条件を踏まえた上で信頼できる業者に依頼することも重要なポイントです。
弊社でも、お客様に適した売却方法や売却目安価格を大まかにご説明・ご提案・アドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 訪問査定のメリットについて徹底解説

    query_builder 2024/05/01
  • 訪問査定でチェックされるポイントについて解説

    query_builder 2024/04/03
  • 物件探しをするのにベストな時期を詳しく解説

    query_builder 2024/03/05
  • 物件見学当日の流れについて

    query_builder 2024/02/03
  • 物件見学におすすめの時間帯とは?

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE