ローン返済中の不動産売却の方法と注意点

query_builder 2022/11/22
コラム
28

住宅ローンを返済中でも、不動産売却はできるのでしょうか。
今回は、住宅ローン返済中の不動産売却方法と注意点について見ていきましょう。

▼ローン返済中の不動産売却の方法と注意点
住宅ローンを返済中の不動産売却には、いくつかの注意点があります。

■抵当権の抹消
住宅ローンを返済中の不動産は、不動産登記はしたもののまだ自分のものではありません。
その理由は住宅ローンの返済が滞ったときのことを考えて、融資を行っている金融機関が担保に取っているからです。
この担保の登記のことを「抵当権」と言います。

したがって住宅ローンを返済中に売却する際には、抵当権を抹消する必要があるのです。
その手続きを「抵当権の抹消」と呼びます。
住宅ローンを返済中に不動産売却をする際は、抵当権の抹消手続きが不可欠です。

■抵当権の抹消
不動産売却のために抵当権を抹消するには、住宅ローンの融資を受けている金融機関に行ってもらう必要があります。
その方法の1つが、住宅ローンの残額を一括返済することです。
一括返済をするにあたってのお金は、不動産を売却して用意します。
不動産売却で得たお金をそのまま住宅ローンの一括返済に充てれば、自動的に抵当権が抹消される仕組みです。

■注意点
注意すべきポイントは、売却代金よりも住宅ローンの返済額の方が多い場合です。
一括返済でないと抵当権は抹消されないため、確実に残金を返済できるように売却しないといけません。
希望する値段で売却できるように、優れた知識と実績を持つ不動産仲介業者にお願いするのがベストです。

▼まとめ
住宅ローンの返済中でも、不動産売却をすることは可能です。
購入した後で住み替えを行う必要がある可能性もあるので、方法を知っておくと安心ですね。
埼玉で不動産の仲介を専門に手掛ける弊社では、お客様のご希望に添えるように取り組んでおります。
不動産に関することは、弊社にお任せください。

記事検索

NEW

  • 不動産売却時に必要な書類とは

    query_builder 2022/12/01
  • ローン返済中の不動産売却の方法と注意点

    query_builder 2022/11/22
  • 不動産登記で住所変更は必要?

    query_builder 2022/10/17
  • 不動産仲介とはどんな仕事なの?

    query_builder 2022/09/08
  • 不動産のトラブルはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE