不動産売買で多いトラブルとは

query_builder 2023/05/18
コラム
32

不動産売買では、どのようなトラブルが発生しているのでしょうか。
今回は、不動産売買でよく見られるトラブルをまとめました。

▼不動産売買トラブル
不動産売買のトラブルは、不動産仲介会社と契約相手との間の2つのケースで起こります。

▼不動産仲介会社とのトラブル
不動産売買をするにあたって、自分で相手を見つけ出すのは困難です。
したがって、不動産売買を取り持ってくれる仲介会社に依頼するのですが、ここでトラブルが起こります。
その主な内容とは、仲介手数料に関するものです。

■仲介手数料のトラブル
仲介手数料は法律によって上限額が決まっています。
したがって、不当に高い仲介手数料は違法です。
前もって仲介手数料に関する説明をしない不動産仲介会社は、あえて説明を省いている可能性が高いでしょう。
売買が成立した時点で仲介手数料を要求すれば、不動産売買が終わっていることを理由に仲介手数料をとれるからです。

▼契約相手とのトラブル
契約相手との間では、土地の境界に関するトラブルが最も多いと言われています。
これは土地および建物が関連する場合ですので、土地のみの売買もしくは土地付きの戸建て住宅が対象です。
本来は物件の境界をはっきりさせてから売るのが筋なのですが、これを曖昧にしたまま売りに出されることがあります。
これは売主が事前に境界明示義務を果たさなかったことが、トラブルの一番の原因です。
こうなると売主と買主そして隣家との三者で合意書を締結しなければならず、非常に手間がかかります。

▼まとめ
不動産売買のトラブルとして、仲介会社と契約相手との双方で多いケースをご紹介しました。
どちらも厄介なことになるのは間違いありませんので、安心して取引が行えるように事前にしっかりと確認しておきましょう。
弊社では埼玉県さいたま市を拠点に、さまざまな不動産の仲介を行っております。
不動産に関するお悩みがある場合は、お気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 訪問査定のメリットについて徹底解説

    query_builder 2024/05/01
  • 訪問査定でチェックされるポイントについて解説

    query_builder 2024/04/03
  • 物件探しをするのにベストな時期を詳しく解説

    query_builder 2024/03/05
  • 物件見学当日の流れについて

    query_builder 2024/02/03
  • 物件見学におすすめの時間帯とは?

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE