仲介手数料の意味と相場について

query_builder 2022/01/25
コラム
7

中古住宅などの購入を検討して、ネットなどで調べると「仲介手数料」という言葉を目にするのではないでしょうか。
今回は、不動産の売買における「仲介手数料」の意味と、気になる手数料の「相場」について解説します。

▼不動産売買の仲介手数料
不動産の売買に発生する、仲介手数料とは何かを見ていきましょう。

■不動産業者への報酬
一般の方が、中古の住宅や土地の売買を検討する場合に、その仲介として不動産業者が活躍します。
不動産業者の役目は、買主と売主の条件や、利害にマッチした売買契約の締結です。
そして、不動産の売買が無事成約した際、不動産業者に対して、売主と買主双方から成功報酬として、支払われるのが「仲介手数料」なのです。
前述の通り仲介手数料は、不動産売買の仲介への成功報酬です。
売買契約が締結されない場合、手数料は一切発生しません。

■仲介手数料はいつ支払う?
一般的に、契約締結時に半額を支払い、引き渡し時に残りを支払うというパターンが多いです。
不安な時は、仲介手数料を支払うタイミングを、事前に不動産業者に確認すると良いでしょう。

▼仲介手数料の相場について
不動産売買に関する、仲介手数料に相場はあるのでしょうか。

■相場はない
残念ながら、不動産売買に関して、相場に相当するもの存在しないのが現状です。
しかし、目安になるような上限は存在します。

■仲介手数料の上限
実は、仲介手数料は宅地建物取引業法という法律で、明確に上限が定められています。
上限は、以下の通りに、売買価格別に3パターンの計算式で求めることができます。

・400万円以上の場合(売買価格x3%+6万円)
・200万円以上400万円以下(売買価格x4%+2万円)
・200万円以下の場合は(売買価格x5%)
(上記で求められた金額に、消費税も加味されるので注意が必要です。)

ほとんどの不動産業者が、上限にもとづく手数料を請求しているのが現状ですが、割引交渉も可能な場合が多いので、相談してみるのも良いでしょう。

▼まとめ
不動産の仲介手数料の意味と相場に関して解説しました。
仲介手数料は、不動産業者の成功報酬であり、上限が設けられています。
不動産購入の際は仲介手数料も、予算に加えることをおすすめします。
弊社では、新築戸建てをご購入される方に仲介手数料無料+ご新築祝いをお送りさせていただきます。
お得にマイホームをご購入できますので、ぜひご利用ください。

記事検索

NEW

  • 不動産売却時に必要な書類とは

    query_builder 2022/12/01
  • ローン返済中の不動産売却の方法と注意点

    query_builder 2022/11/22
  • 不動産登記で住所変更は必要?

    query_builder 2022/10/17
  • 不動産仲介とはどんな仕事なの?

    query_builder 2022/09/08
  • 不動産のトラブルはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE