内金と中間金の意味と違いはなに?

query_builder 2022/01/28
コラム
8

「内金」(うちきん)と、「中間金」(ちゅうかんきん)という言葉を目にしたことはないでしょうか。
それぞれ不動産売買時の、お金のやり取りに関する専門用語です。
今回は、内金と中間金の意味と、その違いに関して解説します。

▼内金と中間金の意味と違い
不動産の売買時に発生する、内金と中間金それぞれの意味。
そして、その違いについて解説します。

■内金
不動産の売買契約が締結された後に、買主から売主に支払う金銭全般を内金と呼びます。
よく手付金(てつけきん)と混同されることが多いですが、手付金は契約時に証拠として支払われる金銭であり、内金とは性格が異なります。
また、手付金には「買主の都合で解約する場合は返還されない」などの法的拘束力がありますが、内金にはそういった法的根拠がないことも特徴です。

■中間金
内金の一種として中間金が存在します。
文字通り、契約から引き渡しまでの「中間」に、支払われる金銭のこと。
中古住宅や土地などの売買では、あまり発生せず、契約から引き渡しまでの期間が長期化する、新築物件の購入時などに必要となる場合が多いです。

■内金と中間金の違い
上記のように、不動産の売買契約締結後に支払う金銭を、全体的に内金と呼び、内金の中でも、特に引き渡しまでの間に支払う金銭を、中間金と呼びます。
内金と中間金の違いは、金銭を支払う期間が指定されているか、いないかだと言えるでしょう。

▼まとめ
内金と中間金の意味と違いについて解説しました。
契約の後に支払う金銭が内金、その中でも引き渡しまでの期間中に支払う金銭が中間金でした。
不動産の売買時はさまざまな専門用語が飛び交います。
他にも、分かりづらい専門用語が出てきた時は、遠慮せずに不動産業者に質問するようにしましょう。

8

「内金」(うちきん)と、「中間金」(ちゅうかんきん)という言葉を目にしたことはないでしょうか。
それぞれ不動産売買時の、お金のやり取りに関する専門用語です。
今回は、内金と中間金の意味と、その違いに関して解説します。

▼内金と中間金の意味と違い
不動産の売買時に発生する、内金と中間金それぞれの意味。
そして、その違いについて解説します。

■内金
不動産の売買契約が締結された後に、買主から売主に支払う金銭全般を内金と呼びます。
よく手付金(てつけきん)と混同されることが多いですが、手付金は契約時に証拠として支払われる金銭であり、内金とは性格が異なります。
また、手付金には「買主の都合で解約する場合は返還されない」などの法的拘束力がありますが、内金にはそういった法的根拠がないことも特徴です。

■中間金
内金の一種として中間金が存在します。
文字通り、契約から引き渡しまでの「中間」に、支払われる金銭のこと。
中古住宅や土地などの売買では、あまり発生せず、契約から引き渡しまでの期間が長期化する、新築物件の購入時などに必要となる場合が多いです。

■内金と中間金の違い
上記のように、不動産の売買契約締結後に支払う金銭を、全体的に内金と呼び、内金の中でも、特に引き渡しまでの間に支払う金銭を、中間金と呼びます。
内金と中間金の違いは、金銭を支払う期間が指定されているか、いないかだと言えるでしょう。

▼まとめ
内金と中間金の意味と違いについて解説しました。
契約の後に支払う金銭が内金、その中でも引き渡しまでの期間中に支払う金銭が中間金でした。
不動産の売買時はさまざまな専門用語が飛び交います。
他にも、分かりづらい専門用語が出てきた時は、遠慮せずに不動産業者に質問するようにしましょう。

記事検索

NEW

  • 不動産売却時に必要な書類とは

    query_builder 2022/12/01
  • ローン返済中の不動産売却の方法と注意点

    query_builder 2022/11/22
  • 不動産登記で住所変更は必要?

    query_builder 2022/10/17
  • 不動産仲介とはどんな仕事なの?

    query_builder 2022/09/08
  • 不動産のトラブルはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE