内見時に見るべきポイントのチェックリスト

query_builder 2022/02/01
コラム
9

家探しの際、多くの方が行うのが内見です。
内部見学の略である内見は、自分にあった家を探す際にとっても大切なプロセスです。
今回は、そんな内見をより効果的にするために、見るべきポイントをチェックリストとしてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

▼内見で見るべきチェックリスト
以下の5点は内見の際、特に見てほしいポイントのチェックリストです。
各項目についての詳細も解説していきます。

①玄関
②水まわり
③居住スペース
④コンセント
⑤周辺環境

■玄関
玄関は引っ越し時をイメージして、家具や家電の搬入が、スムーズに行える広さであるかをチェックします。
玄関ドアの開閉のしやすさ、すきま風の有無も確認しましょう。

■水まわり
トイレやシンク、お風呂などの水回りは、生活の質に大きく関わるものです。
特にシンクの高さが合わない場合、毎日に洗い物や料理などが負担になるので、事前にチェックしておきましょう。

■居住スペース
内見時は、各部屋は何も置かれていない場合がほとんどです。
広いと感じても、実際に家具を置いた際に、狭く感じてしまうこともあります。
各居住スペースの大きさは、メジャーなどで広さを測り、自分たちの生活スタイルにマッチする大きさか確認しましょう。

■コンセント
意外に盲点となるのが、コンセントの数です。
足りなかった場合、追加のためには工事が必要となるケースもあります。
自分たちが、どれくらいの家電を使っているか、イメージしながら内見しましょう。

■周辺環境
忘れてはいけないのが周辺環境です。
最寄りの駅まで実際に歩いてみて、治安の良さや、スーパーやコンビニの数や近さなどを確認すると良いでしょう。

▼まとめ
内見時のチェックリストを解説しました。
玄関、水まわりや居住スペースなどの定番から、忘れてほしくない、コンセントや周辺環境などのポイントがあります。
物件探しの際には、今回解説したポイントを有効活用してみてくださいね。

記事検索

NEW

  • 不動産売却時に必要な書類とは

    query_builder 2022/12/01
  • ローン返済中の不動産売却の方法と注意点

    query_builder 2022/11/22
  • 不動産登記で住所変更は必要?

    query_builder 2022/10/17
  • 不動産仲介とはどんな仕事なの?

    query_builder 2022/09/08
  • 不動産のトラブルはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE